ニューヨークの非常事態宣言が5月28日まで延長

本日、ニューヨーク州内でオープンするための規定をクリアできていないエリアにおける外出自粛令が5月28日まで延長されました。今後状況が更に良くなれば早まる可能性があるそうですが、今のところは5月28日まで延長とのことです。
 
宣言が出されてから既に約1ヵ月半ほどが経ちましたが、更に2週間。。。。
 
みなさん、頑張りましょう!!!

 
 
 

ニューヨークのコロナ感染状況はこちらからどうぞ

ニューヨーク州のコロナ感染状況についての毎日の数値を以下からご覧いただけます。個人の方にもこの情報はとても役に立つかと思います。

 

 

サイトは以下からご覧いただけます。

 

https://covid19tracker.health.ny.gov/views/NYS-COVID19-Tracker/NYSDOHCOVID-19Tracker-Map?%3Aembed=yes&%3Atoolbar=no&%3Atabs=n

 

ニューヨーク州も、今月中からニューヨーク市以外の他のエリアから徐々にオープンしていくようです。ニューヨーク市は早くても6月3日以降となりますが、光が見えてきております。

 

 

 

 

 

 

少しですが前進しているのを感じるニューヨーク

アメリカの多くの他の州では外出禁止令が解けており、少しずつ元の生活に戻りつつあるようですが、ニューヨーク州はまだ解けておりません。ですが天気が良くなってきたせいか、外で歩く人が多くなってきたような気がします。

 

ニューヨーク州でもニューヨーク市以外の他の市や郡では6月から徐々にオープンされる可能性が出てきており、ニューヨーク市もうまくいけば6月7日から少しずつオープンされるかもしれません。

 
今月からアパートやお部屋のお問い合わせも徐々に増えてきており、来月から部屋探しをされたい方が増えてきている状況です。

 

日本からの方はまだビザの申請の受付がストップしている状況のためまだお越しいただくことができない状況かと思いますが、夏以降に向けて準備をされている方もおられるかと思います。日本でも報道がされているかと思いますが、ニューヨークの現状や、お部屋探しの状況について近況をお伝えさせていただけますので、こちらでの正確な情報を知りたい方はお気軽に当社までお問い合わせください。

 
少しずつ光が見えてきております。。。

 
 
 

状況が落ち着きあるニューヨーク

アメリカ国内の他の州では徐々に外出自粛令が解除されてきておりますが、ニューヨークは今のところ6月6日まで続くことになっております。その段階でまたその後のことを判断するようですが、ニューヨーク州でも被害が少ない郊外のエリアから徐々にオープンしていくようです。
 

ニューヨーク市は早くても6月6日からとなるかと思いますが、感染者数や死者数はピークを過ぎ下降線を辿っているようです。先週末は20度を超えニューヨーカーも我慢できずセントラルパークなどに殺到してしまったようですが、ここで気を緩ませるとここまで家に閉じこもることで出してきた成果を台無しにしてしまう恐れがあるので、ここはもうひと我慢といったところですね。

 

ニューヨーカーの間では、”Stay safe!”というのが決まり文句になっておりますが、皆様もくれぐれもお体にはお気をつけてお過ごしください。